一宮温泉病院
山梨県 笛吹市 一宮町 | 医療法人桃花会 一宮温泉病院 | 手を添えて、心に寄りそう

入院費用について(1ヶ月入院した場合)

70歳未満の方

※健康保険証と限度額適用認定証を病院の窓口に提示すれば、医療費が一定の自己負担額になります。
食事の一部負担金や差額ベッド代などの保険外費用は対象になりません。
限度額認定証の申請方法や詳細に関してはこちらをご覧ください。

限度額認定証をお持ちの方

限度額認定証 医療費 食事代 1か月合計
標準報酬
月額83万以上(ア)
約25万円 24,180円
(780円×31日)
274,180円
標準報酬
月額53万~79万円(イ)
約16万円 24,180円
(780円×31日)
184,180円
標準報酬
月額28万~50万円(ウ)
約9万円 24,180円
(780円×31日)
114,180円
標準報酬
月額26万以下(エ)
57,600円 24,180円
(780円×31日)
81,780円
低所得者
(住民税非課税)(オ)
35,400円 19,530円
(630円×31日)
54,930円
※上記には、オムツ代、アメニティー代、雑費は含まれておりません。
 別にプラス料金がかかります。
※限度額認定証をお持ちでない方は、医療費の金額が上記とは異なります。
※重度の障害者や特定の難病等で医療費助成を受けている方は上記の金額と異なりますので、
 医事課入院係または医療連携室にお問い合わせください。
※アメニティー(病衣、タオル等)は、希望の方のみ入院時にご契約が必要となります。

70歳以上の方

限度額適用・標準負担額減額認定証 医療費 食事代 1か月合計
現役並み所得者
3割負担
約9万円 24,180円
(780円×31日)
114,180円
一般(高齢・後期高齢)
1割負担
44,400円
(70~74歳の方は自己負担割合2割から1割に経過措置がとられています)
24,180円
(780円×31日)
68,580円
低所得者Ⅱ ※1 24,600円 19,530円
(630円×31日)
44,130円

低所得者Ⅰ ※2

15,000円 9,300円
(300円×31日)
24,300円
※1低所得者Ⅱ…世帯員全員が市町村民税非課税者
※2低所得者Ⅰ…世帯員全員が市民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除
        (年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。
※上記には、オムツ代、アメニティー代、雑費は含まれておりません。
 別にプラス料金がかかります。
※低所得者Ⅱ、Ⅰは「限度額適用・標準負担減額認定証」の申請が必要になります。
 限度額認定証の申請方法や詳細に関してはこちらをご覧ください。
※重度の障害者や特定の難病等で医療費助成を受けている方は上記の金額と異なりますので、
 医事課入院係または医療連携室にお問い合わせください。
  • 個室、特別室をご利用する場合は別途室料差額が必要です。
  • 入院費の請求日は毎月5日と20日前後です。お支払いにはデビットカードがご利用できます。
  • 入院費用に関してご不明な点がございましたら、医事課入院係または医療連携室にお問い合わせください。

「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」について

70歳未満の方

「限度額適用認定証」は、70歳未満の被保険者が入院して治療を受けた場合の医療費の自己負担を示すものです。
医療機関の窓口へ保険証とともに「限度額適用認定証」(入院に係る医療費)を提示することによって、1か月の窓口負担が(1医療機関ごと)自己負担限度額までとなります。
※保険外の医薬品、差額ベッド代、食事療養費、オムツ代、診断書代、歯科の自由診療などは自己負担限度 額には含まれません。

住民税非課税(低所得者)の方は、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」(入院に係る医療費と食事代)が交付されます。

70歳以上の方

健康保険証と高齢受給者証、後期高齢者医療保険証の提示により、病院からは自己負担限度額のみが請求されます。限度額適用認定申請の手続きの必要はありません。

住民税非課税(低所得者)の方は、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」(入院に係る医療費と食事代)が交付されます。

手続き方法

1.入院される患者さん(家族代行可)が各保険者に限度額適用認定証の交付申請をする。
2.保険者から限度額適用認定証が交付される。
3.病院に健康保険証と限度額適用認定証を提示する。

申請先

医療保険 対象 窓口
全国健康保険協会健康保険 本人または家族 全国健康保険協会都道府県支部
山梨県055-220-7750
船員保険 船員または家族 全国健康保険協会都道府県支部
健康保険組合 本人または家族 健康保険組合
共済保険 本人または家族 共済組合
国民健康保険 市町村在住の人 市町村役場
後期高齢者医療 75歳以上の人
(65歳以上の障害者の方で申請した人)
市町村役場
※申請手続きに必要なもの…保険証、被保険者の印鑑など(詳細は各保険者へお問い合わせください)
※申請した月の1日からさかのぼって有効となります。申請が遅れた場合は一旦窓口で支払後、自己負担限度額を超えた分を後から申請して高額療養費の支給を受ける形となります。(償還払い)